書籍紹介「骨」

今日から2月!如月です。

さて、今日は書籍紹介、ということでその名も、

「骨 日本人の祖先はよみがえる」
学生社 鈴木尚(¥2200+税)
20110201_ 
タイトルと表紙がちょっとコワイですが、
医学博士でもあり東京大学人類学教授でもあった鈴木先生が
日本各地で出土した遺骨を調査した本です。

本当はそうだったんだ!とういことが骨から色々わかるんです。
例えば、
京都三条河原でさらし首になった石田三成の骨は
女性的で反っ歯(要するに明石家さんまさんみたいな歯)だった!

とか

中尊寺金色堂に安置された藤原四代のミイラから、
どんな風に殺されたのか・・・

とか徳川家の人々は何を食べていたのか・・・

などなど。
縄文時代から江戸時代にいたるまで、日本人がどんな風に
変化していったのかが骨からわかって、目からウロコの一冊。

いつもとちょっと違う視点で歴史を知るのも面白いですよ!

カテゴリー: 書籍紹介 パーマリンク

書籍紹介「骨」 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Tweets that mention 書籍紹介「骨」 | 人力スタッフ ブログ -- Topsy.com

コメントは停止中です。